記事詳細

【勝者のワザ】不動の頭が安定したショットの源…鏡に向かって素振りをしよう! 大王製紙エリエールレディスオープン優勝 渋野日向子

 大王製紙エリエールレディスオープンでの渋野日向子と鈴木愛の高いレベルでのデッドヒートは見応えがあった。

 1打差で優勝した渋野のスイング、ショットは安定していた。ノーボギーのラウンドが、それを如実に物語っている。

 1回目のプロテストに失敗した直後から青木翔コーチの下でスイングを1から作り直した。アドレスから始まったリセット作業だったが、最も厳しくチェックされたのは「頭の上下動を無くすこと」だった。同コーチに頭を手で押さえられながらスイングを続ける映像が残っている。

 青木コーチは、言っている。「頭の高さを変えないというのは、基本中の基本だと思っています。それができていないのに、細部に手を加えていっても意味がない。好不調の波が大きくなるし、いつも自分のスイングをいじくり回して、結局遠回りしたあげく、ゴールにたどり着けない悪循環にはまります」

 頭の高さを変えない。アマチュアゴルファーが、これをチェックするには、どうしたらいいのだろう。実は、簡単な方法がある。鏡に向かって素振りをすることだ。はじめは、シャドースイングでいい。このとき、鏡に映った自分の頭を見ながらやることがポイントだ。アドレスの態勢から、バックスイング、トップスイング、ダウンスイング、フォロースルー。一連の動きが、頭の高さが変わらない状態でできているか。

 渋野は、フィニッシュまで頭の高さを変えることなくスイングしている。アマチュアには難しいかもしれない。ならば、フォロースルーまででいい。ここまで頭の高さを一定にしていられれば、スイング軸も、クラブヘッド軌道も安定して、再現性が高く、効率のよいスイングになる。エネルギーロスが無くなり、飛距離アップ効果も期待できる。

 さらに、鏡に映った自分の頭を見ながらスイングすることで、顔の向きが変わらずに、自然な捻転動作が身につくメリットもある。

 タイガー・ウッズは、ダウンスイングで少し頭が低くなるではないか。あるいは、そんな声があがるかもしれないが、それはまた別の技術。アマチュアは、まず頭の高さが変わらないスイングを身につけよう。

 シャドースイングからクラブを持った素振りへ。力任せではなく、理にかなったテンポのスイングへの入り口でもある。

関連ニュース