記事詳細

渋野日向子VS鈴木愛、ライバル心むき出し! まるで巨人の江川と西本のような… (2/2ページ)

 5時で閉門となるアナウンスがあっても、ファンはなかなか帰らない。見かねた渋野は練習を中断。大きく手を振ると、ファンも納得して引き揚げたが、練習は5時15分まで続いた。鈴木はさらに10分後、真っ暗になった空の下で、ようやくクラブハウスへ戻った。

 意地と意地がぶつかり合う、最後まで目が離せない展開。どんなドラマが待っているのか。(塚沢健太郎)

関連ニュース