記事詳細

【佐藤剛平 基本は忘れろ!!】ここ一番のフルショットが… できるだけ“大きな曲線”を描く (1/2ページ)

 【今週の質問】短めのパー5で、できれば2オンを狙いたいです。絶好のティーショットでフェアウエーど真ん中。残りは3Wでナイスショットをすれば届きそうな距離。ここ一番のフルショットは…、いつも大ダフリかチョロになってしまいます。

 フェアウエーウッドはソールを滑らすようにシャローな角度でボールにコンタクトさせることが大事。ボールの手前から滑らせる感じでもOKなので、ミスショットの許容範囲は比較的広いクラブだが苦手にしている人も多い。

 飛ばしてやろうと強引にトップで切り返すと、クラブヘッドが上から地面に墜落するのでダフリ、チョロ、スライスと何でも出る。ロフトが立ったクラブなのだから、横からボールに当てるようにした方がフェースを広く使ってボールに接触させることができるはずだ。

 思い切りダウンスイングに入ろうとすると、グリップを先に引き下ろしてしまいがちだ。真下にグリップを強く下ろすので、リストコックが強くなり、シャフトが立ってくるので力感のあるダウンスイングにはなってくる。

 シャフトがたわみ、手首にパワーがたまってくるので、これを一気にリリースすれば、テコの原理で最高のヘッドスピードが実現する…、はずなのだが、結果は無残。クラブヘッドは制御不能の加速と重力で落下し、強烈に地面をたたく大ダフリになってしまう。

関連ニュース