記事詳細

渋野日向子が危ない? 周囲の期待で抱える“シンデレラ・ストレス” 重鎮・中嶋常幸も不安指摘 (1/3ページ)

 体調不良の原因は、やはりストレスもあるようだ。全英女子オープンを制し人気急上昇中の渋野日向子(20)は「ニトリレディス」(29日開幕=北海道小樽CC)に参戦。急性副鼻腔炎の発症で出場が危ぶまれながら、28日のプロアマ戦からトレードマークの屈託のない笑顔をみせたが…。(塚沢健太郎)

 2週ぶりのツアー出場となる渋野はプロアマ戦で、昨年ノーベル医学・生理学賞を受賞した京大の本庶佑特別教授(77)、ニトリの似鳥昭雄会長(75)、中嶋常幸(64)とラウンド。

 別の組にも小泉純一郎元首相、プロ野球の中畑清前DeNA監督、東尾修元西武監督、歌手の五木ひろし、司会者の徳光和夫、俳優の石田純一ら豪華な顔ぶれがそろっていた。

 その中で、名うてのエンターテイナーも舌を巻く渋野のホスピタリティー(接客、おもてなし)は際立っていた。笑顔を絶やさず、話題豊富に参加者に対応する姿は体調不良を感じさせなかった。

 中畑氏は渋野を「みんなに愛されるキャラクター。ちょっと俺とかぶっているところもあるけどな(笑)」と称賛。明るくサービス精神旺盛なところは共通する。

 「ファンサービスはできそうで、できない。辛いときもあるし。でも(渋野は)プロフェッショナルで、自分を押し殺してでもそれに徹することができる。その意識は見習うべきだと思う。(表彰式までのわずかな間も)雨の中でパターの練習をしていた。そういう努力が実を結んでいく」と感心しきりだ。

関連ニュース