記事詳細

渋野日向子「スマイルシンデレラ」返上!? 笑顔チェックで満点ならず (1/2ページ)

 国内女子ゴルフツアーのNEC軽井沢(軽井沢72)に初出場する渋野日向子(20)が15日、プロアマ戦に出場した。

 「せきが出て声の調子はよくないが、ゴルフはキレキレ」と自信をうかがわせた。16日の初日は松田鈴英(21)、アマチュアの安田祐香(18)と同組で回る。

 AIG全英女子オープンから凱旋した前週は13位。38度の熱がある中のプレーで「体調は20-30(パーセント)。今は50。全英はホームシックだったので70」と復調した。

 クラブハウスでは、東京五輪で使われるNECの顔認証技術を応用した「笑顔パワーゲーム」で“笑顔度”をチェック。松田、安田らは100点だったが、渋野は2度挑戦して97・2点と96・6点。「ま、そうだよなと思った。スマイルシンデレラとかの称号をやめていただきたい」と苦笑い。

 日本女子プロ協会は今週から渋野グッズとして応援タオルの販売を決め、「いいプレーを見せたい」と変わらぬ笑顔で健闘を約束した。

 メジャー制覇で東京五輪出場にも期待が集まる中、日本ゴルフ協会(JGA)は日本オリンピック委員会(JOC)が認定する強化指定選手と同様の待遇を検討。9月の五輪競技対策本部の強化委員会で議論される。

関連ニュース