記事詳細

WBA世界ミドル級王者・村田諒太が“リベンジ”始球式 「BOAT RACEナイター」楽天vsオリックス戦

 プロボクシングのWBA世界ミドル級王者、村田諒太(33)=帝拳=が10日、自身のスポンサーでもあるBOAT RACE振興会が協賛した「BOAT RACEナイター」楽天-オリックス戦(楽天生命パーク宮城)で始球式を行った。

 村田は昨年7月6日の西武戦でも始球式を予定していたが、降雨により登板直前で残念ながら中止に。今回は1年越しの“リベンジマッチ”だけに、直球ど真ん中に決めたかったが、結果は打者の内角に落ちるワンバウンド投球。「ズバッとストライクを取りたかったけど、届かなくて悔しい」と苦笑いした。

 試合前のトークイベントにも参加した村田は、司会者からボートレースについて聞かれると、「長い間活躍してる方は気持ちの切り替えがしっかりしている」とメンタル面で参考にしていると真剣に話したが、実際にボートに乗ったときの感想については「コンクリートにたたき付けられるイメージで進んで行く。ボクシング以上の恐怖心を味わいました」とユーモアを交えて、水上の格闘技とも言われるボートレースをPRした。

関連ニュース