記事詳細

【プロキャディーXのつぶやき】渋野はスゴイけど…他人のパターでシニア初優勝した白潟さんもスゴイ! (1/2ページ)

 「えっ、マジ?」

 ゴルフ界での直近の事件と言えば、シブコこと渋野日向子(20)の全英女子オープン優勝でしょう。驚くべき偉業ですが、洪水のような報道で、すでに食傷気味かも。

 そんなゴルフファンの方に「他人のパターを突然使わざるを得ない羽目に陥って、しかも優勝」。こんな驚きの話は如何でしょうか。

 今年6月に開かれたPGAシニア後援競技「2019ホームテックカップ シニアオープンゴルフトーナメント」(福岡県・夜須高原CC)最終日でのこと。

 首位と2打差の通算5アンダー、2位からスタートした白潟英純さん(52)=写真=は67でフィニッシュ。通算10アンダーで久保勝美さん(56)と並び、プレーオフにもつれ込んだ。

 最終組でホールアウトした白潟さんは、スコアカードを提出後、急かされてプレーオフのスタートティーへと向かった。ティーショットでフェアウエーをとらえ、パーオンにも成功。カートに積んであるキャディーバッグへ歩を進め、パターを取り出そうしたときだった。

 自分の愛器がない。なんと本戦の同組で一緒に回っていたアマチュアゴルファーのパターが入っていたのだ。

 本戦終了後、クラブチェックする時間がなく、すぐにプレーオフが始まった。慌てた共有キャディーさんが白潟さんと競技終了のアマチュアゴルファーのパターを入れ違えてしまったのだ。

関連ニュース