記事詳細

【緊急連載 渋野日向子スマイルのルーツ】渋野日向子の母・伸子さんに聞いた「シンデレラ」誕生のターニングポイント 中学時代、野球部監督から「ゴルフ1本に絞った方がいいのでは」 (1/2ページ)

 ゴルフの「AIG全英女子オープン」で、日本勢42年ぶり2人目のメジャー制覇の偉業を成し遂げた渋野日向子(20)=RSK山陽放送=は、学生時代にやり投げの選手だった母・伸子さん(51)と、砲丸投げや円盤投げで活躍した父・悟さん(51)との間に生まれた3姉妹の次女。故郷・岡山を訪ね、まずは伸子さんを直撃した。

 「日向子はスポーツテストの成績もよかった。何かやらせたいなと思っていました」と伸子さんは振り返る。

 飽きっぽい性格だった渋野が初めてゴルフクラブを握ったのは、小学2年。友人の父親がゴルフ練習場のコーチをしていた縁だった。

 「あの頃のゴルフ界は石川遼さん、宮里藍さんフィーバーで、誘っていただいた。練習場ではとにかく打つ。飽きっぽい子なのに1時間ずっと打ち続けたんです」。続ける意思を尋ねると、「やる」と子供ながらに決断したという。

 一方、今でも大好きなソフトボールも、同じ小学2年の秋、幼稚園からの同級生の父親に誘われて地元・岡山の平島スポーツ少年団ソフトボール部に入部した。

 「『足が速くて、体を動かすのも好きだね。ソフトやる?』と。実はソフトもゴルフも、声をかけてくれたのはともに平島スポーツ少年団出身の、同級生のお父さん。指導していただいた岩道(いわどう)博志監督もゴルフをされていた。そんな縁もあり、2つのスポーツの両立ができるよう、皆さんが考えてくださった」と伸子さん。

関連ニュース