記事詳細

【緊急連載 渋野日向子スマイルのルーツ】ふてくされイライラ少女が家族会議で変身!? 「スマイル・シンデレラ」が誕生した夜…母・伸子さんを直撃 (1/3ページ)

 “晴れの国”岡山から生まれたヒロインが、世界を魅了した。「AIG全英女子オープン」で、日本勢では1977年に全米女子プロ選手権を制した樋口久子(73)=現日本女子プロゴルフ協会顧問=以来、42年ぶり2人目のメジャー勝利を果たした渋野日向子(20)=RSK山陽放送。プロテスト合格からわずか1年、初の海外試合で頂点に立った「スマイル・シンデレラ」は、いかにして生まれたのか。故郷・岡山を訪ね、まずは母・伸子さん(51)を直撃した。(山戸英州)

 岡山駅からうだるような暑さに見舞われた山陽路を、車で走ること約40分。瀬戸内市の長船(おさふね)カントリークラブに到着した。ここは渋野が中学時代からゴルファーとして鍛錬を重ねた“原点”である。

 5日午後1時半、母・伸子さんが顔を見せると、次々に関係者が「おめでとう!!」「よかったね!」と祝福した。

 「(午前3時ごろの優勝決定後)寝られてないですよー。みんな一緒に時差ボケですね(笑)」

 こう切り出した伸子さんだったが、その表情は明るい。快挙の瞬間は自宅のテレビで見守り、「もう、ビックリですね! 『何が起きた!?』という感じです」と興奮が冷めないままだった。

 誰もが驚いたのは、20歳でメジャーを制した渋野がこの日、極度のプレッシャーがかかるはずの場面でも自然な笑顔を絶やさなかったこと。樋口顧問は「新人類という感じ」と評し驚いた。

 しかし実は、昔はこんな風に笑顔を振りまくタイプではなかった。

関連ニュース