記事詳細

錦織圭、日本人86年ぶり4強ならず やはり厚かったフェデラーの壁「第3セット以降は通常運転」 (1/2ページ)

 テニスのウィンブルドン選手権第9日は10日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、男子シングルス準々決勝で第8シードの錦織圭(29)=日清食品=は第2シードのロジャー・フェデラー(37)=スイス=に6-4、1-6、4-6、4-6で敗れ、同種目の日本勢で1933年大会4強の佐藤次郎以来86年ぶりの準決勝進出を逃した。四大大会で20度優勝を誇るフェデラーは大会通算100勝目を飾った。

 最多8度の優勝を誇る「芝の王者」に対し「勝てると思っている」と自信を持って挑んだセンターコート。第1セット第1ゲームで2度の鋭いリターンエースを決めてブレーク。前に出る積極的なプレーで先取した。

 しかし、エンジン全開だった第1セットより第2セットは勢いが落ち、完全にペースを奪われた。サーブが入らず苦闘する中、フェデラーには1分少々で簡単にサーブをキープされる展開。この差が第3、第4セットで出て反撃のチャンスがなかった。

 フェデラーは「タフで難しい試合だった。第1セットはリターンのウイナーが来て、流れを変えられなかった」と錦織をたたえたが、「第3セット以降は通常運転だった。自分のサーブがよかった」と振り返った。

 サービスエースはフェデラーが12本で錦織3本。ファーストサーブの確率はフェデラーが66%で、そのうちポイントを取った確率は81%。錦織はファーストが57%でポイントを取る確率も57%と低かった。さらにネット・ポイントもフェデラー81%、錦織56%だった。ウィナーはフェデラー55、錦織31。錦織が相手サーブをブレークできたのは第1セットの1回だけ。フェデラーには4回ブレークを許した。