記事詳細

貴景勝が名古屋場所休場 秋場所は関脇転落か

 右膝に不安を抱えて動向が注目されていた東大関貴景勝(22)=本名佐藤貴信、兵庫県出身、千賀ノ浦部屋=が初のかど番となる大相撲名古屋場所(7日初日・ドルフィンズアリーナ)を休場することが4日、決まった。名古屋市北区の千賀ノ浦部屋で師匠の千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)と協議した。出場を望む貴景勝に対し、親方が休場を勧めていた。

 途中出場して勝ち越さなければ、9月の秋場所は関脇に転落する。

 大関昇進2場所での降下は現行制度となった1969年名古屋場所以降では、2000年名古屋場所の武双山(1場所で大関復帰)以来2人目。

 貴景勝は新大関だった夏場所で負傷し、途中休場後に一度は再出場したが、大関以上では極めて珍しく再休場した。6月中旬に稽古を再開した後もペースが上がらず、今場所に向けた動向が不安視されていた。