記事詳細

【勝者のワザ】全米プロ優勝、ブルックス・ケプカ 左前腕の回旋を生む最新技術ってナニ? (1/2ページ)

 タイガー以来の全米プロ連覇を完全優勝で達成したブルックス・ケプカ。鍛え抜かれたビッグマッスルボディーから圧倒的な飛距離を打ち出す。

 そのポイントを説明する前に、ちょっと質問がある。

 みなさんは、アドレス、スイング中に左脇をしっかりと締めているだろうか。日本では、これがスイングの基本として守られてきた。実は、バックスイングでは右に、ダウンスイングからは左にと体重移動をするスイングでは、確かに大切なことなのだが…。

 ケプカは、アドレス、そしてダウンスイングで左脇を締めていない。アドレスでは、左ヒジを内側に絞ることはなく、むしろヒジを外側に向けるようにして左脇を空けている。

 その構えからバックスイングすると左腕は伸び切ることなく、リラックス状態でトップスイングを作れる。ボディー部は、左腕の動きについてくるだけで、体重移動は、最小限でしかない。

 その左腕の動きだが、トップスイングまで、穏やかに時計回りに回旋する。さらに、左手首は手のひら側にわずかに巻き込まれるように折れる。従来いわれてきたようなコッキング(手首をタテに折る)動作とは異なる。

 ダスティン・ジョンソンほど極端ではないが、USPGAツアーでは、トップでこうした格好になっている選手が増えてきた。

関連ニュース