記事詳細

速球対策バッチリ! ヤクルト村上、開幕スタメンまっしぐら

 急ぎ“苦手”も克服しつつある。ヤクルトの2年目、村上宗隆内野手(19)が2試合連発のオープン戦3号3ランを放った。

 17日のソフトバンク戦(神宮)。4回1死一、二塁で高橋礼の内角高め速球を右翼席へ運び「少し難しいところだったが、うまく(腕を)たたんで打てた」と納得の一打を解説した。

 前日16日はカーブをとらえて右越えのソロを放った一方で、速球に振り遅れる場面が目立ち3三振を喫した。試合後に宮本ヘッドコーチとロングティーを行い、トップの位置が体側に寄り過ぎないように修正。2回の第1打席でも速球を中前にはじき返し、オープン戦7試合連続安打としていた。「試行錯誤しながら少しずつ結果につながっている」と手応えを口にする。この日の一塁に加え、三塁も守れるだけに開幕スタメンの可能性が高くなっている。