記事詳細

【これで納得?!2019施行新ルール】打順の「レディーファースト」って?

★(9)

 ティーショットの打順には、明確な決まりがあった。

 前ホールのスコアが良かった人から打つ。前ホールが同スコアなら、その前のホールのスコアが良かった人から打つ。その後は、ピンから遠い人から打っていく。

 間違ってもストロークプレーでは無罰(マッチプレーでは再プレーを要求する権利が生じる)であるが、マナー上からも守らなければいけなかった。

 新ルールでも、この基本は変わらない。しかし、優先打順の人が、ボール探しや、クラブ番手を取り換えるなどで時間がかかりそうなときには、当該者よりもピンに近いところにいる人でも、準備ができている場合には、先に打ってもよいことになった。

 これをレディーファーストという。この場合頭文字がLのレディーは女性ではなく、準備完了のRの方である。

 今回のルール改正では、ルールをわかりやすくすることとプレー進行を早めるという大きな目的があった。

 準備のできた人から先に打ってもいいことになった新ルールは、プレー進行を早めるのに役立つ。

 「グローブを新しいものに替えるから、用意ができている人は先に打ってください」とか、パー3ホールでの使用クラブに迷っていてなかなか決められないでいる場合などでも「すみません。準備ができている人から先に打ってください」といった活用を考え、実施しよう。

関連ニュース