記事詳細

ロッテ・永野が「広場恐怖症」を公表 社会人時代から通院治療続ける

 ロッテの2年目左腕、永野将司投手(26)が12日、不安障害の一つである広場恐怖症を患っていることを公表した。飛行機や新幹線などで長距離を移動する際、動悸がしたり、強い恐怖心を感じたりするという。九州国際大で症状が出て、社会人のホンダ時代に病院で診断された。通院して治療を続けている。今年の沖縄県石垣市でのキャンプには、体調不良で不参加と発表されていたが、実際には空港まで行ったものの、参加を断念していた。

 12日は本拠地ZOZOマリンスタジアムで行われたヤクルト戦でオープン戦初登板し、1回1安打無失点。「この先どのようになっていくか分からないが、しっかりと治療していきたい」と気丈に話した。最速154キロを誇る本格派の中継ぎ左腕で、吉井コーチは「十分1軍で活躍できる」と期待を寄せている。

 当面は通院しながら、関東など可能な範囲で登板していく。広場恐怖症は、通常であれば何でもないような状況に対し、過剰な恐怖や不安を感じるもので、すぐに逃げ出すのが難しい場所や状況に反応しやすいといわれている。

関連ニュース