記事詳細

【西本忠成 トラとら虎】藤浪、新投法イケるか 復活への“試金石”は12日の中日戦

 阪神の藤浪晋太郎投手(24)は新投球フォームのスリークオーターで、先発ローテ入りに挑む。2日のソフトバンク戦で試したところ2回2安打無失点。「いいテンポで投げられた」と好感触を得て続行を決めた。

 完全復活を期して2月のキャンプに臨んだが、制球難を克服するため試行錯誤の連続。最初はワインドアップで投げたがうまくいかず、途中からノーワインドアップに切り替えたが、結果は出ない。キャンプ中の実戦3試合計9イニングで6失点。悩んだ末に思いついたのが、オーバースローからスリークオーターへの転向だった。

 金村投手コーチは「腕を下げたことで体の使い方とマッチするようになった。おかげで体の軸のブレは少ない。いい感覚で来ている」と評する。

 もっとも当初の計画に比べると、復活の過程は大幅に遅れている。現時点で先発ローテはメッセ、西、ガルシアが当確。残る3枠を望月、青柳、馬場、秋山、岩貞、浜地、高橋遥らと横一線で競う状況だ。「本来なら藤浪はとっくにメッセらのグループに入っていなければならないのに、まだテストの段階。フォームで迷っている限り不安はつきまとう」と球団OBは不満を隠さない。

 次の登板予定は12日の中日戦(ナゴヤドーム)。新フォームが軌道に乗れば先発ローテに食い込めるだけに注目のマウンドになる。(スポーツライター・西本忠成)

関連ニュース