記事詳細

【江尻良文の快説・怪説】ソフトバンク・王球団会長“1試合4万人動員”で気合! V奪回&3年連続日本一へ「ヤフオクD」リニューアル

 最近5年で4度の日本一に輝いているソフトバンクの本拠地ヤフオクドーム(福岡市)がリニューアルされ、2月28日に記念イベントが行われた。王貞治球団会長(78)は「野球を見るドームから、ドームに来ること自体を楽しめる場に進化した。選手も驚くだろう」とご満悦だ。

 外野席を拡張し、収容人数がこれまでの3万8530人から4万178人に増えた。巨人の本拠地・東京ドーム(収容人数4万6000人)、阪神の甲子園(同4万7508人)だけが可能だった、“夢の1試合4万人動員”が実現する。

 また、センター後方の大型ビジョンは縦横5メートルずつ拡大され、「野球場としては世界一」に。この日の新ビジョンの点灯式で、迫力ある映像が流れると歓声と拍手がわき起こった。

 黒と白が基調のコンコースには約260台のモニターが壁にずらりと並び、野球を常に映像で楽しめる趣向。他にもファン同士が交流するラウンジ、福岡名物めんたいこ料理とともに試合を楽しめるボックス席などが新設された。

 記念イベントにはファン、近隣住民800人が招待されたが、公には2日の阪神とのオープン戦がお披露目となる。

 そうでなくとも、ホークスは今年が福岡移転30周年のメモリアルイヤー。王会長は「今年は特別な年だからね」と例年以上に気合が入っている。リニューアル本拠地誕生で孫オーナー指令のV奪回&3年連続日本一達成へ、ナインへのゲキにも一段と熱が入るのは間違いない。(江尻良文)

関連ニュース