記事詳細

【高校サッカー 選手権発 東京五輪行】桐光学園・FW西川潤(2年) 国内外で争奪戦!Uー19抜擢された“俊輔”の後継者 (1/2ページ)

★(2) 

 尊敬する大先輩で、同じレフティーでもある中村俊輔(40)もかつて背負った桐光学園(神奈川)の「10番」を、入学直後から託された2年生エースのFW西川潤。Jリーガーが中心のU-19日本代表にも大抜擢され、開催中の第97回高校サッカー選手権でもスター候補として注目されたが、まさかの1回戦敗退を喫した。

 昨年の大みそか、大津(熊本)に0対5で大敗した直後の取材エリア。西川はあふれ出しそうな涙を必死にこらえていた。

 「この大会で得た悔しさをしっかりと心に刻んで、これからの1年間に臨んでいきたいと思う」

 横浜F・マリノスのジュニアユースで将来を嘱望されたが、自らの意思で高校選手権の舞台に立つ夢を優先させた。16歳の少年が最初に注目されたのは、準優勝した昨夏の高校総体。6得点4アシストをマークしチームを牽引した。

 9月から10月にかけてマレーシアで開催され、日本が優勝した『U-16アジア選手権』でも「10番」を託され、大会MVPを獲得。タジキスタン代表との決勝戦で、決勝ゴールをたたき込んだ。

 高校選手権の神奈川県予選を勝ち抜いた直後の12月には、ブラジルへ遠征した東京五輪世代のU-19代表に“飛び級”で大抜擢された。

関連ニュース