記事詳細

サッカー日本代表・森保監督、乾と塩谷を緊急招集 吉と出るか凶と出るか… アジア杯9日初戦

 サッカー日本代表の森保一監督(50)が、アジア杯UAE大会初戦のトルクメニスタン戦(日本時間9日)を直前に控えメンバー変更。吉と出るか凶と出るか。

 MF中島翔哉(24)=ポルティモネンセ=が右ふくらはぎ、ボランチのMF守田英正(23)=川崎=が右太もも裏の故障で離脱。代わりにMF乾貴士(30)=ベティス=とDF塩谷司(30)=アル・アイン=を緊急招集した。

 2得点を挙げたW杯ロシア大会以来の招集となった乾は、スペイン1部リーグ戦で昨年11月11日のバルセロナ戦以来出番がないところが不安だが、中島のポジションにはピタリとはまる。

 CBが本職で3年ぶりの代表招集の塩谷は、森保監督とJ1広島で4年間師弟関係。「塩谷ならどのポジションでもできるかなっていうことで選びました」と指揮官に迷いはなかった。

 2人が森保監督の期待に応えられるかどうかが勝敗を分けそうだ。(夕刊フジ編集委員・久保武司)

関連ニュース