記事詳細

【江尻良文の快説・怪説】「年俸公表するな」というプロ野球選手はユニホームを脱いだ方がいい (2/2ページ)

 史上最年少の22歳で3割、30本塁打、100打点を達成した巨人の新4番、岡本和真内野手(22)も破格の567%増、来季年俸8000万円でサイン。「子供に『野球もこんなにもらえるんだ』と感じてもらえれば、夢につながる」と意気軒高だ。

 巨人の投打の柱コンビの発言こそプロ野球選手だ。「年俸を公表しないでほしい」などと言うのがいかに恥知らずかわかるだろう。現在は報道陣が本人や球団フロントなどに取材して『推定金額』を公にしているが、メジャーリーグのように明確に公表することこそ急務だ。(江尻良文)

関連ニュース