記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】ボールの転がりが良くなる「パッティングドリル」 (1/2ページ)

★大里桃子

 私がいつもやっているラウンド前のパッティング練習をご紹介したいと思います。

 練習は基本的にロングパットから始め、だんだん距離を縮めていきますが、その締めとしてやるのがこのドリル。まず写真〔1〕のようにボールの後ろにティーを刺し(高さはティーショットでアイアンを打つときぐらい)、そのティーにヘッドが当たらないようにストロークするという練習です(〔2〕〔3〕)。

 このドリルの狙いはヘッドが下から入らないようにすること。上から入るストロークが身に付くことでボールの転がりが良くなるのです。

 意識するのは、手の動きをできるだけ押さえること。また、左右の肩の高さを一定に保つようにします。特にアマチュアの方は、右肩が下がらないように注意してください。

 さらに、頭を動かさないようにすることも大切。これらを意識すれば、良い回転でボールが転がり、距離感もつかみやすくなります。

 地面に刺すティーからカップまでの距離は、1メートルぐらいがいいですね。この距離でシビアな練習をしておくことで、本番でも“入れごろ外しごろ”が自信を持って打てるようになります。1メートルより短い距離は自信を持って臨めるし、長い距離も一定の基準ができている分、不安を抱かずに狙っていけるはずです。

関連ニュース