記事詳細

巨人・菅野、日本選手最高6・5億円で更改も…広がる日米年俸格差、年下の菊池にも抜かれる? (1/2ページ)

 巨人・菅野智之投手(29)が、日本人選手では球界史上最高額の来季年俸6億5000万円で契約更改。だが日米球界の格差を見れば、10億円プレーヤーの早期出現を望む日本のエースの主張はもっともだ。

 菅野は17日、東京・大手町の球団事務所で契約交渉。年俸4億5000万円の今季、2年連続で沢村賞を受賞した先発の大黒柱は「すごくいい評価をしてもらった」と納得のサインとなった。

 注目されたのは“聖域”の突破。巨人では2003、04年のペタジーニの年俸7億2000万円が歴代トップで、続くのが02年の松井秀喜の6億1000万円だ。13年オフには“ゴジラ超え”の提示を受けた阿部慎之助が、日本一を逃した責任と翌年への動機付けで辞退したが、以降は昇給ならず。長らく超える者が出なかった、松井の最高額が聖域化していった。

 しかしこの日の会見で菅野が“ゴジラ超え”を認め、17年ぶりに日本人最高額を更新。04、05年の横浜・佐々木主浩と並び、12球団全体でも日本人の史上最高年俸に躍り出た。それでも巨人の選手会長は球界全体を意識し、「もっともっと上に行きたい。将来的に10億円もらう選手がいてもおかしくない。全球団とも収益が上がっていることは選手会でも話している」と気勢を上げた。

 そもそも02年オフに巨人は松井に5年総額50億円を提示しながら、メジャー流出を止められなかった経緯がある。16年も前から10億円プレーヤー誕生の土壌は整っていたのだ。実際に巨人でペタジーニやラミレスは、出来高込みで年間10億円以上を稼いだとされる。

 ただ、渡米後の松井が最盛期にヤンキースと4年総額約62億円で契約したように、メジャーはケタ違い。近年も高騰が進み、今季年俸はヤンキースで先発を務めた田中が約25億円、エンゼルスの田沢は中継ぎでも約8億円だった。今オフには菅野より2歳若い西武の先発左腕、菊池(今季年俸2億4000万円)が米移籍のためポスティング公示され、現地報道では6年総額約68億円の大型契約も予想されている。

関連ニュース