記事詳細

【俺とデスクの座談会】巨人“好青年”再出発に明暗!? 功労者が引退、そのワケは…

 デスク「13日の合同トライアウトには、巨人から12球団最多の10人が参加してたな。誰か拾ってもらえそうか?」

 記者「昨季開幕スタメンを張った中井大介内野手(28)には、横浜DeNAから声がかかりそうです」

 デスク「今年4月に第1子が生まれたばかりだし、引っ越さずに済むならいいじゃないか」

 記者「2軍でくすぶっていたころ、トレードやFAの人的補償での移籍に色気を見せて、『DeNAが一番いい』と話していたくらいだから本望でしょう」

 デスク「一方で、俺の中では好青年の印象が強いあの選手が、トライアウトも受けずに退団して引退か。功労者だろうに、巨人は仕事を用意してやらなかったのか?」

 記者「世の中には上半身と下半身で人格が全く違う人もいますからね。なんせ合コンした女芸人に、車中でコトに及んだと番組で暴露された選手ですから」

 デスク「アレはこいつのことだったのか! あのとき真っ先に疑われた坂本勇人とか、他の連中はいい迷惑だな。でもそんな火遊びだけで球団に見限られたのか?」

 記者「いやいや、ばっちり“3アウト”ですよ。本人も覚悟はできてたんじゃないかな」

関連ニュース