記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】真っすぐ立つには練習あるのみ! 目標を見ずにスパットで構える (1/2ページ)

★加瀬秀樹(2)

 ゴルフではターゲットに対して真っすぐ立つことはとても重要です。ターゲットラインに対してスタンス、腰、肩のラインが平行になるように立つということですが、これができるかどうかでショットの成否が決まると言っても過言ではないくらいです。

 真っすぐ立てるようになるには、当たり前のことですが、練習あるのみです。

 まず練習では、スティック(クラブでも可)などを使って真っすぐを確認します。

 具体的には、ボールの後方からターゲットを確認したら、それに向かってスティックを置き、そのスティックに合わせてアドレスを取ります(写真〔1〕)。そしてこの時点で、真っすぐに立ったときにターゲットがどう見えるかを確認しておきましょう。

 次に実際のラウンドなどスティックを置けないとき、プロたちがどうやって真っすぐを確認しているかをお教えしましょう。

 まず後方からターゲットを確認して打ち出す方向が決まったら、ボールの先50センチ以内の範囲にスパット(目印)を見つけます(〔2〕~〔3〕)。そして、ボールとスパットを結んだ架空のラインに合わせて構えに入ります。

 このとき絶対にやってはいけないのが、構えに入る前にターゲットを見ることです。ターゲットを見てしまうと構えが狂う危険性があるので、あくまでもボールとスパットを結んだ架空のラインだけを頼りにセットし、セットが完了してからターゲットを見るようにしてください。そうすれば、ほぼ狂いなくターゲットに対して真っすぐに構えることができます。

関連ニュース