記事詳細

元横綱輪島、輪島大士さん死去 優勝14度“輪湖時代”築いた「黄金の左」

 大相撲の第54代横綱輪島で、「黄金の左」と呼ばれた左差しの攻めにより史上7位となる14度の幕内優勝を果たした輪島大士(わじま・ひろし)さん=本名輪島博=が死去したことが9日、関係者への取材で分かった。70歳。石川県出身。

 石川・金沢高で国体を制し、日大で2度の学生横綱に輝いた。花籠部屋に入門し、昭和45年初場所に幕下付け出しで初土俵。48年夏場所後に学生相撲出身で史上初めて横綱に昇進した。本名をしこ名にして最高位へ就いたのも初めてだった。

 平成27年11月に死去した第55代横綱北の湖としのぎを削って「輪湖時代」を築き上げ、大相撲人気を支えた。昭和56年春場所限りで引退。花籠親方となって部屋を継承したが、年寄名跡を借金の担保に入れたことが発覚し60年12月に廃業した。その後のプロレス転向も話題を呼んだ。

 その後、いん頭がんの手術を受けていた。(共同)

関連ニュース