記事詳細

杉下茂氏・93歳 「高橋由伸監督は続投でいいと思う」

 巨人の監督になって3年、4年連続V逸という球団史上ワーストタイ記録をつくってしまった高橋由伸監督(43)への風当たりは強い。だが、コーチ陣は前任の原辰徳監督のときから留任したメンバーばかり、故障者続出という事情に、責任は問えないという声もあがっている。さらには、岡本和真(22)を4番に起用し続け、30本塁打の花を咲かせている。かつて巨人に立ちはだかったライバルたちの中にも、“擁護派”は多い。

 元祖“フォークボールの神様”としてON(王貞治・長嶋茂雄)を相手に対巨人戦勝利数歴代5位の38勝を挙げた杉下茂氏(93)は、巨人で投手コーチを務めた経験もある。

 「巨人は生え抜き監督がほしいし、スター選手だった高橋監督を何とか一人前にしたいんでしょう。選手の入れ替えには最低でも3年はかかるんだし、若手の育成がやっと実り始めた。僕は続投でいいと思います」

 ロッテ、西武のパ・リーグ20年で2081安打を放った山崎裕之氏(71)も「経験のない監督が優勝するには、戦力的に厳しかった。このままCSに進出できれば、よくやったと言えるんじゃないか。巨人としては生え抜き監督に、簡単には失格の烙印を押して更迭できないということでしょう」と同情しきりだった。

 歴代2位の通算350勝を誇る阪急の元エース・米田哲也氏(80)が言い切る。

 「金本阪神のように、若い選手を使うと言いながら結果が出ないとすぐにファームに送り返すということもある。そう考えると、高橋監督は4番として岡本を育てただけでも立派のひと言。高橋監督の前に、クビにしないといけない監督は他にたくさんおりますよ」

 中日OBで、1998年には横浜を率いて日本一に輝いた権藤博氏(79)は、「もう巨人以外で監督をすることはないのだろうから、腹を据えてやるしかない。それだけ」と力を込めた。

 ※週刊ポスト2018年10月5日号

NEWSポストセブン

関連ニュース