記事詳細

貴乃花夫妻に「結婚以来最悪の関係」との評、景子さんの今 (1/2ページ)

 古き因習はびこる相撲協会の大改革を--そう期待されてきた「平成の大横綱」の、あっけない幕切れだった。

 9月25日夕方5時、東京・六本木ヒルズ内の会見場。花田光司氏(元貴乃花親方、46才)は真っすぐ目を見開きながら、こう言葉を絞り出した。

 「かわいい弟子たちのことを考えると断腸の思いです」

 昨年11月の九州場所中、元横綱・日馬富士の傷害事件をきっかけに勃発した「貴乃花の乱」。当初は貴乃花一門を率いて協会改革を訴えたが、次第に求心力は衰えて、一門は消滅。花田氏の役職も「理事」から「年寄」という“ヒラ親方”まで5階級も転落した。言うなれば、たった半年で幕内から序の口まで転げ落ちたようなものだった。

 そんな孤軍奮闘を、最初は妻・景子さん(53才)ら家族も一丸になって支えていた。

 「景子さんは、貴乃花親方を支える若手親方の奥さんたちでネットワークを作って、相撲部屋の運営を協力したり、貴親方の考えを丁寧に説明したり、内助の功で夫を支えてきました。また、長男の優一さん(23才)が、貴親方と“敵対関係”にあったベテラン親方の娘と結婚したことも、貴親方にとってはうれしいことでした」(後援会関係者)

 だが、そんな家族の団結も、花田氏が今年2月、理事選に出馬した頃に一気に崩壊してしまう。

 「貴親方は側近親方にも、景子さんにも、まったく相談せずに独断で出馬を決めてしまった。手当たり次第に“敵”をつくる親方のことが、景子さんももう手に負えなくなってしまったんです。親方が理事選に落ちると、景子さんは近しい人に“落選してよかった。これで余計なことに気を取られず、親方として弟子の教育に集中できる”と漏らしていました」(前出・後援会関係者)

 そしてこの頃、夫婦の関係に決定的な溝を作る事件が起きる。

NEWSポストセブン

関連ニュース