記事詳細

G高橋監督の続投に賛成派 淡口氏、川口氏、田尾氏らの意見

 4年連続V逸という球団ワーストタイ記録をはじめ、今では「不名誉な記録コレクター」とまで揶揄される就任3年目の高橋由伸監督(43)。球界OBからは、辞任すべき・解任すべきといった厳しい声が聞こえてくるが、擁護意見も紹介したい。

 巨人OBで、逆転サヨナラ満塁本塁打を2度打ったことのある唯一の選手(1本は中日時代)である広野功氏(74)は、「CSに進出すれば、続投の球団方針に賛成です」という。

 「今の巨人の問題は、指揮官を取り替えれば解決するようなものではない。監督に全責任をおっかぶせるのではなく、立て直しの展望ができているかが重要。現場とフロントが、どのようなチーム作りをするかを早急に決めないといけません」

 ケガ人続出でも、よく戦っているという意見もある。長嶋巨人の主軸を打ち、引退後は打撃コーチとして松井秀喜氏などを指導した淡口憲治氏(66)がいう。

 「今年は最初から実戦半分、育成半分でやっていました。ケガ人が多くてうまくいかなかったが、石の上にも3年。高橋監督も来年が勝負という気持ちでしょう。投手陣は菅野(智之、28)以外は手探り状態ですが、セでは唯一のチーム防御率3点台。8、9回を任せられる投手がいれば十分戦えます」

 巨人入団3年目まで打撃投手扱いだったにもかかわらず、4年目に新人王を獲得した苦労人の関本四十四氏(69)が続ける。

 「ここまで故障者が出ては、監督采配はもちろんコーチ陣にも責任は問えません。岡本(和真、22)を4番に起用し続け、30本塁打の花を咲かせた。それだけでも続投の理由になると思いますよ」

 広島のエース左腕として活躍後、巨人に移籍し“メークドラマ”に貢献した川口和久氏(59)も賛成派だ。

 「若手を育成して来年以降に戦える流れを作った功績は大きいでしょう。現役続行を希望していた高橋監督に、球団側が働きかけて引退、就任させた経緯を考えても、来年以降も球団が監督をバックアップするのは当然のことです」

 楽天初代監督を務めた田尾安志氏(64)も、そうした事情を踏まえ、「球団が頭を下げて就任させた以上、もっと長いスパンで考えるのが自然でしょう」と話す。

 ※週刊ポスト2018年10月5日号

NEWSポストセブン

関連ニュース