記事詳細

【俺とデスクの座談会】ダブルヘッダーに虎がシッポ巻くワケ…“CT午前様決戦”舞台裏 

 記者「もう、雨ばっかり! 広島-阪神戦(マツダ)は、20日が1時間9分遅れて始まったうえ、試合中も計1時間14分中断して、試合終了は日付が変わった午前0時3分。翌21日も合計31分中断。エエ加減疲れますわ」

 デスク「選手たちもベンチ裏ではさぞかし…」

 記者「この悪条件で試合を強行する要因は、今季雨天中止が異常に多い阪神の日程がパンパンでこれ以上流せないからですから、広島ナインは『俺らは阪神のために試合をやるのかよ』と愚痴連発。某選手は21日朝、ランナーズハイ状態のまま球場に現れ、「今日もテッペン盛り(0時超え?)行くぞ!」と真意不明の叫び声を上げていました」

 デスク「阪神側は?」

 記者「20日の試合では、ベンチスタートの某ベテランが、雨天ノーゲームになると高をくくってロッカールームでずっとくつろいでいたところ、思いのほか試合が続行されて『ヤバイ、出番あるかも…』と。慌てて準備を始めましたが、ベンチ合流は試合終盤だったとか」

 デスク「こうなったら、日本プロ野球では1998年を最後に行われていないダブルヘッダーしかないだろ」

 記者「阪神の関係者は難色を示してます。本拠地甲子園球場は外周道路が狭くて、第1試合中、第2試合の観客が待機する場所を確保できないそうです」

 デスク「かといって人気球団だけに、1試合分の料金で入れ替えなしで2試合見せるわけにもいかねえか…」

関連ニュース