記事詳細

大谷、2度目の週間MVP「すごくうれしい」

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平(24)が10日、4月以来2度目の週間MVP(3~9日)に輝いた。4日から3試合連続で4本塁打を放って5試合で打率4割7分4厘、4本塁打、10打点、2盗塁と活躍した。

 4月9日に日本選手最年少の23歳9カ月で初受賞した際は投打の「二刀流」の成績を評価された。今回は5日に右肘靱帯に新たな損傷が判明し、打者に専念しての受賞で「素晴らしい打者の中で選ばれたのはすごくうれしい」と喜びを語った。

 日本勢の週間MVPは1995年6月にドジャースの野茂英雄が初受賞した。最多はイチローの5度。

 ナ・リーグはナショナルズの外野手ハーパーが打率4割3分8厘、2本塁打、7打点で6度目の選出となった。(共同)