記事詳細

【俺とデスクの座談会】甲子園球場、大改造で“新しく”なる?

 記者「阪神タイガースと高校野球の聖地、甲子園球場が大改造されるみたいですわ」

 デスク「2007年オフから3年がかりで改修したばかりじゃねえか」

 記者「今オフは球場のメーンビジョンを全面改修。1面化して画面サイズも1.6倍になるようですわ」

 デスク「だいぶ球場のイメージが変わるか」

 記者「これまで阪神の選手からも『うちの球場の演出は他球場と比べて古い』と不満の声がありまして、これを機に変わればええのですが…」

 デスク「どういうことだ?」

 記者「他球場の映像演出に詳しい関係者いわく、『ストーリー性のある演出ができるかどうかに尽きる』と。お隣、京セラドーム大阪は2007、08年にオリックスの守護神だった加藤大輔の登場時に特別な映像を流したり、打席中の選手の顔写真と名前を掲示したままにするなど、今ではおなじみの米大リーグ流の演出をNPBで初めて手がけました。そうした独創性も求められるでしょう」

 デスク「古いか新しいかはともかく、甲子園には、360度から舞い上がるジェット風船とか、藤川球児登場時のファンの大合唱とか、この球場でしか見られない光景がある。それを生かす演出ならいいけどな…」

関連ニュース