記事詳細

【俺とデスクの座談会】野上の失敗に懲りてない? 巨人、次のFA標的は…

 デスク「FA戦士が移籍1年目から敗戦処理かよ。総額4億5000万円の3年契約だったよな」

 記者「巨人の野上亮磨投手(31)ですね。5月13日の中日戦(東京ドーム)の4勝目(4敗)を最後に白星がなく、7月から中継ぎに回っても一発病は相変わらず。わずか61イニングでセ・リーグ6位タイの14被本塁打と散々です」

 デスク「過去の例を見ても、エース級じゃないと、巨人にFAで来たところで活躍できないもんな。手当たり次第に獲っても、ろくなことにならないんだよ」

 記者「ところがですね…。性懲りもなく今オフのFA市場でも、微妙な投手に照準を合わせて調査中です」

 デスク「今年は投手の目玉は少なかったよな。誰だ?」

 記者「お耳を拝借。ゴニョゴニョ」

 デスク「う~ん、野上より実績はあるけど、最近パッとしないよな。来ても大して戦力アップにならないぞ」

 記者「おそらく心配ご無用です。本人の意向を調べたら、全く脈がなかったようで」

 デスク「野上の扱いを見りゃ、誰だって二の足踏むわな」

関連ニュース