記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】パッティングはプロラインを意識する (1/2ページ)

★坂下莉翔子(2)

 パッティングで“アマライン”や“プロライン”という言葉を聞いたことがありますか?

 アマラインとは、カップを外れたとき、カップに届く手前でボールがそれていくラインのことです。カップに届く手前で曲がってしまうので、絶対に入ることのない外れ方といえます。

 ただ、外れた場合、上りのパッティングが残るという利点がありますので、次のパットを安全に決めやすいということが言えます。

 一方、プロラインは、カップを通り過ぎてから曲がる外れ方のことです。前者をアマラインと呼び、後者をプロラインと呼ぶのは、その呼び名の通り、プロが後者を好むからです。

 プロが外側を曲がるラインを好む最大の理由は、曲がり方次第で入る可能性があるからだと考えられます。

 実際、アマチュアゴルファーは、カップを外れたとき、「意外と曲がりがきつかった」と残念がる人が多いのですが、プロは、「思っていたより切れなかった」というケースが多いようです。

関連ニュース