記事詳細

「再興する会」、山根会長の除名と理事解任要求 “不正”の新たな証拠も

 日本ボクシング連盟による助成金の流用や不正審判疑惑に対し、日本オリンピック委員会(JOC)などに告発状を提出した「日本ボクシングを再興する会」は8日、東京都内で記者会見し、同日に辞任を表明した日本連盟の山根明会長の除名と、全理事の解任を求めた。

 審判不正に関し、2016年2月の山根会長のものとされる音声などを新たな証拠として公表した。

 都道府県連盟幹部や元選手ら関係者333人の有志でつくる会の鶴木良夫代表(新潟県連盟理事長)は「今後(の体制づくり)は47都道府県で民主的に決めていきたい。透明性のある試合にしたい」と述べた。

関連ニュース