記事詳細

山根会長、辞任を表明「本当に申し訳ありません」 日本ボクシング連盟の不正疑惑で

 日本ボクシング連盟の不正疑惑で、助成金の流用や過去の暴力団組長との関係が批判を受けている山根明会長(78)が8日、大阪市内で辞任を表明した。「本日をもって辞任を致します。選手のみなさまにはこのような問題があったことに関して、法人の会長として申し訳ない。本当に申し訳ありません」と述べた。

 日本連盟が7日に開いた緊急理事会では、自身の去就を一任され、終了後「男としてのけじめを話す。時間をください」と辞任の可能性をにじませていた。

 山根会長は、都道府県連盟の幹部らによる告発状で不正疑惑を指摘され、助成金の流用の事実は認めた。審判員の不正判定や過剰な接待の要求などは全面否定している。

 しかし、疑惑に反論する過程で反社会勢力との交友を公言する姿が波紋を呼び、スポーツ庁の鈴木大地長官が「事実だとすれば辞任に値する」と述べるなど、周囲の見方は厳しさを増していた。(共同)

関連ニュース