記事詳細

ボクシング連盟・山根会長、きょう進退表明「男としてのけじめを話す」

 日本ボクシング連盟は7日、助成金の流用や過去の暴力団組長との関係を認めている山根明会長(78)への批判の強まりを受け、大阪市内で緊急理事会を開いた。山根会長は終了後、自身の去就について理事会から一任されたことを明らかにし、8日正午に表明する考えを示した。「進退は決めていない」としたが、「男としてのけじめを話すので時間をください」と、辞任の可能性もにじませた。

 山根会長は理事会で「このような事態になったことは会長として申し訳ない」と謝罪したことも明かした。出席理事の一人は「すべて会長に一任ということになった。何も話せない」と語った。

 山根会長を巡っては、審判員に不正な判定を強いたり、過剰な接待を要求したりしていた疑惑もあるが、同会長は全面否定している。

 リオデジャネイロ五輪男子代表の成松大介選手(自衛隊)への日本スポーツ振興センター(JSC)の助成金を3等分し、別の2選手に渡していたことは認めている。

 日本連盟による不正を指摘する告発状を日本オリンピック委員会(JOC)などに提出した「日本ボクシングを再興する会」は8日に記者会見を予定している。(共同)

関連ニュース