記事詳細

【清水秀彦 そういうことだろ~】“ポイチ・ジャパン”には堂安が必要だろ~ 必要なのに呼べないとなれば協会の責任だ (1/2ページ)

 サッカーのA代表と2020年東京五輪代表を兼ねる森保一(もりやす・はじめ)監督(49)の初陣となる、アジア大会(18日-9月2日=ジャカルタ)のメンバーが3日に発表される。東京五輪世代のU-21(21歳以下)代表を率いる今大会には、オランダリーグで主力として活躍中の攻撃的MF堂安律(どうあん・りつ、20)=フローニンゲン=をぜひ招集したいところだが…(聞き手・久保武司)

 --森保ジャパンの初陣。ワクワクする

 清水「はぁ~(嘆息)。全く、だね。モヤモヤ感満載だよ」

 --なぜか

 「ポイチ(森保監督)が招集したい選手を、日本協会がちゃんと集めることができるのかというと…」

 --核となるのは堂安

 「普通はそうさ。U-21が中心になる以上、彼こそ核となるべきだ」

 --この時期に「海外組」の招集は難しい

 「だろ~?! ポイチは兼任になったよな。当面は東京五輪でメダルを取ることが最優先課題さ。もう開幕まで2年をきっているんだよ。代表のチーム作りにかける時間としては少ないくらいだ。いくら開催国枠で予選を免除されるといっても、もう遅いくらいさ。結局いつも日本の五輪代表はオーバーエージ枠に頼り切った編成しかできなくなって、監督が右往左往させられる」

関連ニュース