記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】パッティングでアッパーブローを防ぐドリル (1/2ページ)

★坂下莉翔子(1)

 他のクラブに比べて、ボールを芯でとらえることが簡単だと思われているパターですが、きちんと芯に当てるのはけっこう難しいものです。しかも、少しでも芯を外れると方向性やボールの転がりも変わってくるため、高い精度が求められます。

 芯でとらえるために私が一番気を付けているのは、ストロークの安定です。

 いつも同じようにパターを振ることができれば、ヘッドも同じ場所を通ることになるわけですから、芯に当たる確率が高くなり、方向性やボールの転がりも安定します。だから、普段からストロークの練習をしっかりとやっています。

 特に注意しているのが、インパクト付近で、ヘッドの上下動が激しくならないこと。低い位置から入って低い位置に出ていく軌道を常に作ることができれば、芯に当たる確率が高くなるからです。

 その精度を高めるためにいつもやっているドリルがあるので紹介しましょう。

 まず、ラインに沿ってスティックを置き、ボールの先5センチぐらいのところにティーを2つ刺します(写真〔1〕)。2つのティーの間隔はボールよりも少し広め。ティーの高さは、2センチ程度に設定してください。

関連ニュース