記事詳細

元巨人・村田修一が引退の意向 NPB復帰断念「区切りつけて前に進む」

 プロ野球・巨人を自由契約となり、独立リーグ「ルートインBCリーグ」の栃木ゴールデンブレーブス(GB)から日本野球機構(NPB)復帰を目指してきた村田修一内野手(37)が1日、栃木県小山市内で記者会見し、NPB復帰断念を発表した。明言を避けたが、引退の意向を示した。NPBのトレード、新規契約が可能な期間が7月31日で終了し、今季のNPB復帰はなくなっていた。

 村田は会見冒頭、「NPB復帰を目指してきたが、7月31日までに誘いはなかった。9月9日の今季最終戦まではBCリーグにしっかり貢献したい」と述べた。さらに記者からの質問に対し、「(NPBの球団からのオファーがなかったことを)受け止めて、前に進むしかない」として来季以降、NPB復帰を目指す考えがないことを明らかにした。

 さらに「来季、ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」とし引退の意向を示したが、「きょうは(引退の)2文字を使いたくない」、「来年についてはNPBを目指すのは考えにくい。今後はこれからプレーをしながら考える」とも述べた。

 村田は福岡県出身。日大からプロ野球・横浜(現DeNA)、巨人で活躍。本塁打王2回のタイトルも獲得し、NPB通算15年で通算1865安打、360本塁打の成績を残した。

 チーム若返りの方針から昨季終了後、巨人を自由契約となり、栃木GBで再出発。NPB復帰を目指していた。栃木GBでは、ここまで42試合で51安打9本塁打、打率・352と活躍している。