記事詳細

【佐藤剛平 基本は忘れろ!!】木の隙間からグリーンを狙うには? ボールが上がらないよう…シャフト握るくらい短く持つ (2/2ページ)

 無意識にやっている人もいると思うが、短く持つと、シャフトのしなりが抑えられるので、弾き上げるようなシャフトの動きがなくなって出球は低くなりやすい。これならもう枝を気にする必要はなく、方向だけを考えて打っていけばいいので成功率が高くなる(写真〔1〕〔2〕〔3〕)。

 短く持てば、ボールに近く立つことができるし、トップも小さくなり、全体的にコンパクトなスイングになるのでジャストミートさせやすくもなる。ロフトの立ったショートアイアンで打っていく感じだ。

 枝の下を低く打ち出して通し、150ヤード先のグリーンを転がし上げて狙っていくショットを打ちたいものだ。

 風の強い日などには、私はフェアウエーからでもこれをやることがある。

 ■佐藤剛平(さとう・ごうへい) 栃木県芳賀カントリークラブ所属。シニアツアープロ。2012年の「ISPSハンダカップ秋晴れのシニアマスターズ」でシニア初優勝。1955年10月25日生まれ。熊本県出身。関西学院大法学部卒。

関連ニュース