記事詳細

DeNAが得をした?オリックスとのトレード 球界関係者は首かしげ…

 「DeNAが随分得をしたんじゃないの?」。複数の球界関係者が首をかしげたのが9日に発表された、オリックスの伊藤光捕手(29)、赤間謙投手(27)と横浜DeNAの白崎浩之内野手(27)、高城俊人捕手(25)の2対2のトレードだ。

 正捕手が固まっていないDeNAと打線強化を狙うオリックスの思惑が一致したが、4人の中では、2014年にゴールデングラブ賞とベストナインに輝き、13年には規定打席数を突破し打率・285をマークした伊藤の実績が突出している。

 今季年俸もオリックス側が伊藤の5500万円と赤間の1150万円を合わせると6650万円。DeNA側は白崎の1850万円、高城の1800万円で3650万円(いずれも推定)と格差がある。

 13年と14年に年間137試合ずつ出場した伊藤だが、今季はわずか7試合。某DeNA関係者は「主義主張が強く、首脳陣にとっては扱いにくいところがあったみたい。田口2軍監督とは馬が合ったが、1軍の福良監督とは衝突することもあったと聞いている」。逆に言えば、ラミレス監督の操縦次第で、20年ぶりのリーグ優勝へ向け巻き返しを狙うチームにとって大きな戦力になる。「新天地でも自分らしく頑張っていきたい」という伊藤がチームに溶け込めるかどうか。

関連ニュース