記事詳細

【江尻良文の快説・怪説】オリックス、異例「コミッショナー提訴」の舞台裏 誤審騒動巡り…影落とす宮内オーナー“側近”の死 (1/2ページ)

 6月22日のソフトバンク戦の誤審騒動を巡り、ついに異例のコミッショナー提訴に踏み切ったオリックス。ドタバタ劇の舞台裏を探る。

 「文書で2度も再試合要求をして却下されたのに、何を考えているのか。コミッショナーに提訴したところで結果は変わらない。宮内オーナーの怒りがおさまらないということか」

 ある球界OBのこの発言は、核心を突いている。おりしも、“ワンマン”といわれる宮内義彦オーナー(82)は、球界に精通する側近を失ったばかりだ。

 村山良雄球団常務が間質性肺炎のために72歳で5月24日に亡くなった。事業本部副本部長、管理本部長、球団本部長などを歴任し、宮内オーナーにチーム状況を伝える役割を担い、NPB(日本野球機構)担当もしていただけに、死去のダメージは計り知れない。

 村山氏が健在だったら、こんな醜態をさらけ出すことはなかっただろう。宮内オーナーとNPBの橋渡し役として、水面下で円満な落としどころを見つけたはずだ。

関連ニュース