記事詳細

もしハリル氏が韓国代表監督になったら… あの肉弾戦に拍車が掛かること間違いなし

 かたちを変えた復讐劇とでもいうのか。韓国を代表する通信社の聯合ニュースは、W杯ロシア大会で最終戦を残し、早々とグループリーグ敗退に終わったサッカー韓国代表の新監督候補として前日本代表監督のバヒド・ハリルホジッチ氏の名前が挙がっていると6日、伝えた。

 ハリルホジッチ氏といえば、選手たちとのコミュニケーションや信頼関係が薄れていたことを理由に、日本協会からW杯2カ月前の4月に電撃解任された。本人はこの解任を不服として、慰謝料1円を求める訴訟を東京地裁に起こしている。

 もしもそのハリルホジッチ氏が韓国代表監督になれば、いつでも「反日感情」むき出しの日韓戦に新たな“スパイス”が加わることになる。あの肉弾戦に拍車が掛かること間違いなしだ。

 聯合ニュースは、その他の候補として、英マンチェスター・ユナイテッド前監督のファン・ハール氏など、そうそうたるタレント監督たちの名前を挙げている。

 W杯後、そのライバル韓国とは対戦相手未定となっている11月開催のキリンチャレンジカップや、来年開催されるアジアカップなどで対戦する可能性がある。

関連ニュース