記事詳細

【福島良一 メジャーの旅】大谷、因縁のドジャーズ戦 「2人の対戦は今シリーズの最大のストーリー」 (1/2ページ)

 エンゼルスの大谷翔平投手(24)が指名打者として復帰し、6日(日本時間7日)にはアナハイムで前田健太投手(30)が先発するドジャースと対戦。同日からロサンゼルス地区を本拠地とするチーム同士の「フリーウェイシリーズ」3連戦に臨む。「2人の対戦は今シリーズの最大のストーリー」と報じている地元サイトもある。

 1958年にニューヨークのブルックリンからロサンゼルスへ本拠地移転したドジャースに対し、61年のア・リーグ球団数拡張で誕生したエンゼルス。62年からドジャースタジアムを間借りしたが、エ軍の試合に限って別の球場名を使わされた。

 66年、ロサンゼルス近郊アナハイムに新球場が完成し、カリフォルニア・エンゼルスと改称。97年からア、ナ両リーグ交流戦で両チームの対戦が始まり、両球場間を国道5号が結ぶことから「フリーウェイシリーズ」と呼ばれるようになった。