記事詳細

【編集局から】日本代表への歓迎っぷりに安堵 その理由は…

 成田空港にファン1000人以上が詰めかけ出迎えたのが、開催中のW杯ロシア大会で惜しくもベルギーに敗れ、史上初のベスト8入りを逃した日本代表。その歓迎っぷりに、ある理由で安堵しました。

 日本代表が1次リーグH組突破を決めた6月28日、G組首位同士のベルギーとイングランドが対戦していました。勝ったベルギーが日本と対戦したわけですが、この時点で日本はイングランドと対戦する可能性もあったわけです。

 英プレミアリーグをウオッチした年月が人生の半分を超え、シーズン中は狂ったように観戦している私は、当然イングランド代表を熱く応援しています。

 ベルギー戦で乾選手が2点目を決めたときには、仕事を忘れ熱狂していましたが、もし相手がイングランドであったなら、どのようなリアクションを取っていたのか正直自分でも予想がつきません。

 長谷部選手は帰国後会見の会場をあとにする際、大会前厳しい言葉を投げかけ続けたわれわれ報道陣に、深々と頭を下げました。これには、同じ日本人として尊敬すると同時に、本当に日本とイングランドが対戦しなくてよかったと思いました。(松村友二)