記事詳細

【佐藤剛平 基本は忘れろ!!】円軌道でうまく振れない… スタートがつぶれないように切り返す (1/2ページ)

【今週の質問】私はトップから直線的にヘッドをボールにぶつけるイメージで振っています。その方がうまく当たる気がするからですが、長いクラブは苦手で、あまりボールが上がらず、キャリーが出ません。飛ばすために円軌道をイメージして打った方がいいでしょうか。どうすれば、円軌道で振ることができますか。

 スイング弧は円であることをイメージすると、だいたいの複雑な問題はクリアになる。

 腕をどう使うか、体重をどう移動するか、トップの位置はどうか。それは、すべてクラブヘッドが円軌道で動くような使い方、位置で行えばいいということになる。ヘッドの軌道だけを考えればいい。

 円軌道で振るために、一つ大事なポイントはトップの切り返しだ。

 円のスタートがうまく曲線軌道を描いてくれば、インパクトからフォローにかけても滑らかな円を描くことができる。最初が肝心だ。

 多いのは、ダウンスイングのスタートで、いきなりトップの位置からグリップを直線的にボールに向けて強く引き下ろしてしまう人だ。これをやると、グリップが直線的にボールに向かっていくようなかたちになり、円のスタートがつぶれてしまう。左腕も詰まってしまう。

 一方、じっくりと切り返すようにすれば、左腕が詰まらずにグリップは円弧を描くことができるので、きれいな円軌道で振ることができる。トップの位置からは、クラブヘッドが目標から離れるように動くので、円軌道がつぶれることがない。