記事詳細

「日本の弱点は川島」ベルギー公共放送局が指摘 強みは大迫、乾、長友の攻撃力

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会の決勝トーナメント1回戦で日本と当たるベルギーの公共放送RTBF(電子版)が29日、日本の戦力を分析した特集記事を掲載し、「日本の弱点は間違いなくGKの川島(メッス)。経験は豊富だがプレーには不安がある」と指摘した。

 かつてベルギーのリールス、スタンダールに在籍した守護神を「1次リーグ3試合ではミスで2点を献上した。コロンビア戦ではFKへの反応が遅れ、セネガル戦ではパンチング(ミス)でマネに得点を許した」と切り捨てた。

 また、右サイドも弱点に挙げ、「原口(ハノーバー)の動きにさえがない。左サイドの乾(ベティス)ほどのインパクトがない」と手厳しかった。

 弱点以外に強みも紹介。攻撃面は「大迫(ブレーメン)に運動量があり、驚くほど多くのプレーに絡む。左サイドの乾と長友(ガラタサライ)は疲れ知らず。攻撃を防ぐのに苦労するだろう」と予想した。(共同)