記事詳細

内田前監督、支持ゼロで“裸の王様”露呈 第三者委員会はバッサリ「極めて悪質」

 まさに“裸の王様”ぶりが露呈した。日大アメフト部の悪質タックル問題で、29日、日大の第三者委員会が公表した中間報告。内田正人前監督(62)、井上奨前コーチ(29)の指示があったと認定されたのは、指示を否定する内田監督の証言を部員の誰一人支持しなかったからだ。

 日大関係者が当該選手に責任を押し付け、監督やコーチの指示はなかったことにしようとする不当介入があり、「事件のもみ消しを図ろうとした」と断定。第三者委は内田、井上両氏を「指導者としての資質を著しく欠いている」とし、責任転嫁する姿勢を「極めて悪質」と指弾した。

 内田氏らの反則指示は「相手選手に対する傷害の意図を含むものであった」とも言及しており、勝丸充啓委員長が「他の選手に対しても似たような(反則)指示が繰り返し行われていた」と指摘するなど問題の根深さも露呈した。

 調査では部員やスタッフ約150人にアンケートを実施。選手側の説明と食い違う内田氏らの説明について、内田氏側が正しいと回答した人は皆無だった。