記事詳細

本田大明神 “王様然”へ反発もゴールでねじ伏せ…日本には本田が必要だ W杯 (1/2ページ)

 【エカテリンブルク(ロシア)=24日=久保武司】日本(FIFAランキング61位)は1次リーグ第2戦で、セネガル(同27位)に2度のリードを奪われながら、2-2の引き分けに持ち込んだ。MF乾貴士(30)=ベティス=の1点目の後、2試合連続途中出場のMF本田圭佑(32)=パチューカ=が、値千金の同点弾を蹴り込んだ。執念で勝ち点1をもぎ取り、H組首位(勝ち点はともに4)。28日午後5時(日本時間同11時=ボルゴグラード)キックオフの1次リーグ最終戦で、すでに敗退が決まったポーランド(同8位)に引き分け以上で2大会ぶり3度目の16強進出が決まる。敗れても進出の可能性が残る有利な状態となった。

 なぜ本田は代表に必要なのか。なぜピッチに送り出さねばならないのか。理屈は要らない。ゴールという最強の説得力を持つ男だからだ。

 「サッカーは最終的には個。誰かの一振りがゴールに入るかだけ。その意見は一切変わっていない」。そう豪語する背番号「4」はこの日もベンチスタート。自らを欠いたチームの戦いぶりに鋭い眼光を送り、監督のように選手たちに直接指示を送った。

 コロンビアとの初戦でも同点とされた直後に投入され、CKで勝ち越しゴールをアシスト。ジョーカーの出番はチームの苦境と決まっている。この日も後半26分に勝ち越しゴールを奪われると、直後の同27分にMF香川(ドルトムント)に代わって“降臨”。その6分後の同33分、ペナルティーエリア左サイドでこぼれ球を拾ったMF乾(ベティス)は「中で誰かが詰めてくれればって思って、ダイレクトでシンプルに上げてみました」。クロスは逆サイドにぽっかりと空いたスペースへ。そこに本田がいた。