記事詳細

貴乃花親方、一門離脱で無所属へ

 大相撲の貴乃花親方(45)=元横綱=が、所属する「貴乃花一門」を離脱し、無所属となる意向を一門内の親方に伝えていたことが22日、関係者への取材で分かった。

 同一門は自らが立ち上げたが、4月に、都内で行われた一門の会合で、「貴乃花一門の看板を下ろしたい」と切り出していた。現在は、日本相撲協会の理事に阿武松親方(56)=元関脇益荒雄=が名前を連ねており、実質的なまとめ役を担当している。

 当面、一門の解散はないものとみられているものの、貴乃花親方が離脱することで、近いうちに名称は変更せざるを得ない。今後、どのような形態を取るかは協議を重ねるという。